株式会社ランテック計画事務所

わたしたちについて

わたしたちのしごと

株式会社ランテック計画事務所

採用情報

フレーム

自然体験観察園

花博記念公園鶴見緑地 (1998)

所在地: 大阪市鶴見区
発注者: 大阪市
規模等: 都市計画緑地の一部 1.4ha

kansatsu1
だんだん畑と雑記林
kansatsu2
希望者による田植え
kansatsu3
蓮池と水路
kansatsu4
田んぼと母屋

大都市大阪を代表する花博記念公園鶴見緑地の中につくられた自然体験観察園。都市化が進む市街地の中で、 こどもが自然を畏れ敬い、いのちの不思議を実感する原風景の創造は、自然の消費と引き替えに都市化を進めてきたわたしたち大人の仕事だ!という想いのなか、この空間をつくった。敷地は、里山の風景とは縁のないゴミと土砂から生まれた土地。我々はここに、いのちの共生空間を目指して土のビオトープ、草木のビオトープ、水辺のビオトープ、空間のビオトープ、装置のビオトープ、と五つのビオトープを整備し、農村環境を再現している。 具体的には、水田、畑、雑木林、鎮守の森、ため池、蓮池、用水路など、それぞれの環境単位を生き物にとって恵まれた空間になるよう配慮し、一体的な空間を構成した。この空間は、いわゆる公園管理とは趣を異にするスタンスで維持されている。原則として農薬散布は行わず、枯葉等を使った堆肥を利用している。

また、自然に目をむけるきっかけとなるメニューを用意し、指導に市民を迎えることを目指し運営スタンスの計画も行った。 現在では、人と環境の交流をテーマに「自然観察会」「自然教室」「農事体験」「定期巡回」の運営を行っている。 特に農事体験では、昔を懐かしんで訪れたお年寄りが熟年の技を披露し、こどもたちとの予想外の交流を生む場面も見られる。

戻る

footer