株式会社ランテック計画事務所

わたしたちについて

わたしたちのしごと

株式会社ランテック計画事務所

採用情報

フレーム

OCAT屋上ガーデン

大阪シティエアターミナル (2000)

所在地: 大阪市浪速区
発注者: 株式会社湊町開発センター・大阪市
規模等: 屋上庭園3,800m2

ocat2 ocat1

OCATは「ミナミ」と称される大阪市の南の中心市街地区にある。周辺は、自然地面が少なく、高密度な市街地が形成されており、 みどりによる都市気候緩和や都市景観形成をリードするパイオニアとして屋上ガーデンが計画された。
既存建築の屋上部分に、軽量土による微地形を創出することによって、無機的で平坦な構造物の印象をやわらげ、草花による繊細な近景づくりと、 隣接する建物からの俯瞰景にも配慮した、変化と広がりのある場づくりを目指した。ペントハウス前の庭園では、自然の印象を表現し、 みどりや花の彩りを五感で感じ、鳥のさえずりの聞こえる都市のアウトドアリビングを創造した。

また、様々なイベントに対応できる芝生の広がりを持ったパーティーガーデンを誕生させた。
緑化意識を啓発するための多彩な利用を想定し、大阪の「緑のひとづくり」に寄与する場の創造を目指した。具体的には、OCAT内の市民学習センターで行われているガーデニング教室の実習場としての利用を考慮したハード面での整備や、今後の維持管理を担う緑化ボランティアの育成や、行政と連携した緑のまちづくりを担う拠点としてのソフト面の充実を図っている。また、ガーデン挙式やパーティーなどの利用により、建物内のテナント経営に好影響をもたらしており、グリーン&エコノミーの新しい経済効果もみられる。 みどりによる環境と経済への貢献、あるいは市民・企業・行政の連携による緑化への取り組みなど、今後の「みどりの可能性」が秘められた場である。

戻る

footer